FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FFVII ADVENT CHILDREN

 アドベントチルドレンを見た。巷じゃACって略すのが流行ってるんだろうか。言われるまでそんなものがあった事自体忘れていたが、たまたま見る機会があったので、見た。ちなみに僕はFF7をクリアしたし、FFシリーズ自体好きだ。ゲームも好きだ。だから色眼鏡で評価する事になるかもしれない事を最初に断っておく。

 受動的に楽しむしかないメディアである映画としては、よく出来ていたと思う。内容より見た目に重きが置かれているから、誰でもそれなりに楽しめるんじゃないだろうか。要するに頭を使わなくても素直に楽しめる。視覚的なアピールによってバカでも楽しめる。例えるならハリウッド的な派手さだろうか。しかしそれは悪い事じゃあない。観客に伏線や内容を詳しく正しく理解する事を強要させるような映画は、しばしば見る人を選ぶ。それでは大衆受けしないのが道理だ。難しい内容を極力排除し、わかりやすい見た目で消費者に訴えかける。それは売る事を第一に考えるならば非常に適切な方向性だと思ったわけです。


 個人的な感想としては、映画FFよりも映像のリアルさが上がってた気がする(うろ覚え)。仲間がぞろぞろ出てきて戦う様は正にゲームを映像化したそのもので感動。そして当時の音楽が効果的に挿入されているので、知っている人には心憎いものに仕上がっているんじゃあないだろうか。少し気になったのは、ティファの目・黒目の大きさがやや大きめで、微妙な違和感を感じた事か。まぁ完全な人間を表現する事がこの映画の趣旨ではないのだから、全く問題ない。キャラクターが人間とは遠くかけ離れたアクションをしていても、全く問題は無い。大事なのはCGを手段として何を作るかって事だろう? うん、その意味では非常に面白かったし、小気味良いほどだった。例えば、現実には到底無理だろうセット・カメラワーク・アクションであったり。この作品はそういったものを描く事によって、CG映画である必然性を持たせている。もしそれらの――わざわざCGを媒体にする――理由がなければ、これはCG以外のメディアで表現されていいハズだ。逆に言えば、実際にそうではないからこそ、これがCG映画でなくてはいけない理由があるという事ではないだろうか。


 映画FFでは現実と見紛う程の見た目、が評判になっていたが、実物を真似るCG映像は決して本物になれない。どれだけ実写に近づけたとしても、実物を目指している時点で本物を越える事はできない。景色をそのまま写しとりたいという目的がある場合、わざわざ写実的な絵を描かなくても写真に撮ればいいだろう? 従って絵には絵である、CGにはCGでなければいけない理由・必要性があるという事。それは作者の伝えたい事を最も適切に表現できるのがCGであるという事を示してはいるように思う。では、この作品がCG映画である必要があるのは何故だろうか。


 CGは決して本物の質感を完璧に再現できない。しかし必要に応じて実物以上の本物らしさを出す事はできる。その点を考慮して、徹底的に絵としての、構図的なカッコ良さを追求する事がこの作品での一番の目的なのではないだろうか。もっとも、限りなくリアルなゲーム世界を表現する事にあるのかもしれないが、それにしたってCG映像にする必要を否定する理由にはならない。


 実写映画の中に、意図しない映像が紛れ込むのは避けられない。限りなく理想に近づける事はできるが、現実世界を完璧に演出する事は不可能だ。が、CG映画では全てにすべからく、何らかの意味を持たせる事ができる。それは髪のなびかせ具合だったり、マントのはためき具合だったり。それらを全て計算して、意識的に演出できるわけだ。そーれは素晴らしい事だと思うのですよ。実写では表現しきれない細部まで、どこをどうしたら一番カッコ良いか考えられている。この作品の見所は、つまるところその実写では有り得ない、全て計算づくなカッコ良さににあるんじゃあないかと思うわけです。


 #つーか、普通に予算があったからCG映画にしただけなのか? 何か書いてるうちにわからなくなってきたわ。
 #CGムービーをCG映画と脳内訳するへたれっぷり。まぁ大意は伝わるから気にしない。気にさせない。

B0009WFME8ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)
櫻井孝宏 森川智之 伊藤歩

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-09-22
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のトラックバックURL

http://peppery.blog15.fc2.com/tb.php/89-66aa365e

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン 最高です!! FFシリーズの中で一番好きなのがFF7で、ホントに1日のうち24時間プレイしてたくらい好きでした☆ ストーリーが壮大で、あたし的には手塚治虫さんの世界観に通じるものがあるな~って思います♪ それとキ

コメント

あたしも思い入れが強いので評価が高気味ですけど、
知らなかったとしても楽しめたんじゃないかなって思います♪

すっごい緻密な分析すごいですね!!
なるほど~って思っちゃいました☆

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。