スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林泰三「玩具修理者」角川ホラー文庫

 そうそう、あらすじ書きとかそういうのは止めました。まるで意味がない。作者が丹念に練った内容を僕の偏狭な言葉で歪曲するのは忍びない。と同時に僕にとってもただの徒労でしかない。僕はつまり楽しむ事が目的で読み、それをどうやって楽しんだか、それはどうやって僕を楽しませたかという事が一番大事なわけで。それ以外の事にはまるで興味がない。定価幾らだったとか。何版から挿絵がつくようになったとか。そんな事を書くのにはまったく意味がない。よって、そういう方向性に基いて記事を書きます。 ...クリックで展開
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。